この人の三浦大知を離さない。

三浦大知
Pocket

三浦大知特集のホームページ♪あなたにお似合いの見つかるよ♪

n追記最初の記事で、東方神起のカバーと紹介したものは、SOLIDEMOというグループのカバーで、東方神起の映像だけを使って構成されていることがわかりましたので、削除し、Mr.Childrenの歌唱を追加しました。SOLIDEMOというグループの存在は、全く知りませんでしたので、教えていただき、ありがとうございました。読者の方には、ご迷惑をおかけして申し訳ありません。また、何かありましたら、教えていただけると嬉しく思います。   多くの歌手がカバーする中島みゆきの「糸」この曲を聴き比べ検証した。本人の歌唱は、いわゆる一般の動画ではみつけることが出来ず、下記の場所にある。クリックすれば開くので、聴くことが出来ます。 中島みゆき「糸」 ★中島みゆきの歌唱非常に言葉を丁寧にゆっくりと発音して歌っているのが印象的。一つ一つの日本語のことばを大切に、彼女の言語感覚に沿った色がつけられて歌われる。たとえば、1番は、全体的に明るい色調で歌われる。ただ一つ、「誰か」という言葉だけが、太く濃厚な響きで歌われる。2番になると、「ささくれ」という言葉は、繊細な響きで歌われるのに対し、「縦の糸」「横の糸」という言葉は、太い音色になる。「いつか誰かの」の「いつか」という言葉は、少し跳躍気味に歌うことで、軽さを表現している。また、「傷を庇うかもしれない」という、どちらかと言えば深刻に歌いがちな歌詞に対して、彼女は反対に明るい色調で歌っている。2番の「縦の糸は、あなた。横の糸は私」というサビの部分になると、重厚で決然とした意思を感じる歌声になる。ところが「合うべき糸に出会える事を、人は仕合せと呼びます」の部分では、「仕合せ」という言葉を非常に明るく慈しむように発音している。このように彼女の歌には、多彩な色の歌声が、言葉によって使い分けられていることがわかる。これが、彼女の音楽の多様性であり、ソロ歌手として、明るい色調の歌から、暗い色調の歌まで、幅広く表現する世界を構築する感覚とテクニックを持つ所以だと感じる。 「糸」は、現在、最も多くの歌手にカバーされている曲と言われ、あらゆるジャンルの歌手が好んで歌う曲だが、そこには、彼女のオリジナルの歌唱による深く多彩な色の声によって何層にも描き出される世界が、歌手であるなら、一度は、自分の歌声で再現してみたいと思う魅力的な楽曲として感じるということの証明に他ならないのだろう。 ★JUJUの歌唱
一般的にこの曲を歌うとすれば、彼女のような解釈になると思える歌唱。言葉の解釈による、力の入れ方、感情の入れ方は、非常にオーソドックスであり、独創的ではない。オリジナルの中島みゆきの歌い方が、非常にスローなテンポで噛み砕くように言葉を歌ったのに対し、JUJUの「糸」は、非常に淡々とあっさりと歌っている。  ★福山雅治の歌唱 ギターの弾き語りによる歌唱。その為に歌声の抑揚が顕著に聴き取れる。言葉は、丁寧にゆっくりと歌われる。ギターだけの伴奏のため、歌声に誤魔化しが効かない。「縦の糸は、あなた。横の糸は私…」というサビの部分では、彼特有の甘い歌声にゆっくりと発音した言葉が乗せられ、決して押しつけるのではないが、説得力のある歌い方になっている。   ★林部智史の歌唱    林部智史の歌唱は、2種類を並べてみた。先ず、最初の歌唱は、彼がデビュー前に出場していたカラオケ選手権での歌唱である。この歌唱に於いては、「正確に歌う」ということが念頭に置かれた歌唱となっている。カラオケの採点というものは、誰しも経験あると思うが、正確に歌うことを最も要求される。即ち、自分流に抑揚をつけたり、必要以上のシャクリをしたりすると、その部分は減点になる。その為に、彼の歌も、音程、リズム共に正確に表現することに心掛けている。その上で、彼の高音部の伸びやかな歌声は健在だ。それに対して、二番目にあげた動画は、プロの歌手としてデビューし活動し始めてからの歌唱である。聴き比べるまでもなく、彼独自の解釈に依る歌唱の部分が、随所に見られる。アカペラで始まる冒頭の部分は、彼の透明的な歌声の魅力を余すことなく発揮している。彼の歌の場合も、オリジナルよりは、若干、早めのテンポではあるが、一つ一つの言葉を丁寧に歌っているところは、この曲に対する彼の思い入れのようなものを感じられる。最後のロングトーンの部分は、聴衆が、彼の歌声を長く聴きたい、という欲求に十分応えた歌い方になっていると言えるだろう。  ★クリス・ハートの歌唱   今までの歌手がどちらかと言えば、スローテンポで、とつとつと語りかけるように歌ったのに対し、クリスの歌は、非常にテンポ良く、軽快で明るい。また、サビに繋がる部分のフレーズは、エネルギッシュに歌われる。日本人のこの歌に対するイメージと、彼の持つイメージの違いが如実に現されているとも言えるだろう。決然と、エネルギッシュ。明るく、軽妙なリズム感。クリスの歌う「糸」には、切実感や甘さというものは感じられない。その代わり、歌手のエネルギーを受け止めるだけの楽曲の大きさをあらためて感じさせるものとなっている。「糸」が、歌手のどのような解釈にも耐えうるだけの奥行の深い楽曲であることを証明していると思える歌唱だ。 ★ATSUSHIの歌唱 ATSUSHIの歌う「糸」には、彼の優しさが溢れている。全体にソフトな歌声の響きからは、この曲を非常に優しい楽曲に仕上げようとする彼の意思が感じられる。言葉の一つ一つのアタックもソフトであり、角が立たない。にも関わらず、言葉は明確に聴衆に伝わってくる。響きがソフトな分、聴衆は、彼の歌声に集中して耳を傾けることになるのだろう。決して押しつけない歌い方には、彼の歌に対するスタンスが現れている。どの曲も自分の側に音楽を引っ張ってくるのではなく、自分が楽曲に寄り添う形の音楽になっている。最後のロングトーンも歌声を誇示するのではなく、あくまでも音楽の余韻の中に溶け込むような響きで現される。  ★平原綾香の歌唱 彼女の歌声も多彩な色を持っている。たとえば、「私達」という言葉と「生きてきたの」の「た」の歌声の音節の発音において、決然と歌う場合と、響きを抜いて優しく歌う場合とでは、全く音色が異なる。それと同様に、あちこちに言葉のニュアンスによって、決然とした歌い方の場合は、濃く太い音色を用いるのに対し、繊細な発音をする言葉の場合は、透明感の溢れた細い響きや、響き自体を抜いて、無色の音色で歌っている部分がある。このように彼女の場合は、多彩な色みの歌声を組み合わせて、この楽曲を構成している。スローなテンポでn一つ一つの言葉を大切に噛みしめるように丁寧に歌っている部分は、オリジナルの中島みゆきのスタンスに近い。さらに彼女の場合は、最後の部分では、オリジナルよりもさらに噛みしめるように歌っているのが印象的だ。  ★三浦大知の歌唱 彼の持ち味である非常に明確な日本語の世界が繰り広げられる。彼の特徴である、日本語の明確な発音は、アタックとタンニングの正確さによるものだと言える。子音の発音が明確なのも彼の特徴である。その為、ほぼ単色で歌われているにも関わらず、非常に説得力を持って、「糸」の世界が繰り広げられる。テンポはよく、音色は、統一されている。ギターだけの伴奏にも関わらず、ギター音と声との距離感を感じさせないのは、彼の歌声が、単色であるにも関わらず、太い響きを持った音色の為に、ギターの濃厚な響きと一体感を醸し出す為だろう。非常に明確なメッセージ性の高い「糸」の世界が表現される。  ★Mr.Childrenの歌唱桜井の声は、一本の単色である。但し、単色の中に、複雑な色合いが隠されているのがこの人の歌声の特徴である。響きが複雑に絡み合う。歌い方は、非常にオーソドックスで正確、スローなテンポで展開される。高音部も突き上げるような歌い方は決してしない。とつとつと歌い進められるサビまでのフレーズが、独特の色合いを見せ、印象的である。最後のロングトーンの部分に於いても、破綻なく、それでいて、フレーズの最後の歌いきりに、この人の情熱が現される。決して派手ではない、それでいて、心に染みとおってくるMr.Childrenの「糸」の世界が広がる。   ※総括 このように男女、外国人も含めて8人の歌唱を紹介した。どの歌手の歌唱が優れているというよりは、このように歌は、歌い手によって、同じ楽曲であっても、印象が全く異なるものになる。しかし、どの曲にも共通であるのは、歌手それぞれのこの楽曲に向き合う姿勢と、歌詞によって現される世界を真摯に表現しようとする姿勢である。それぞれの歌唱には、それぞれの歌手の持ち味が十分、表現されている。このように多くの歌唱を聴き比べることで、より深く「糸」の世界を理解することが出来ると言えるだろう。         
n

三浦大知 ほしいものが、ほしいわ。

nあけましておめでとうございます。(今日何日だよっていう。。。)mininekoです。 2017年は自己満足の域を出ないなんとも中途半端なこのブログに沢山の方に来て頂いたようでとても嬉しかったです。 もっと早くにブログを書こうとしていたのに年末に子供たちと遊園地に行った夜にウイルス性胃腸炎になり、その後発熱し何とも間の悪い年越しとなってしまいました。 久々日に日本から遊びに来るお友達家族と他の皆さんとの忘年会楽しみにしていたのに参加できず、ひたすら寝てた私って。。紅白初出場の三浦大知くんを観るのを楽しみにしていたのにそれどころじゃなく。。。 しかもカウントダウンしてる家族の声を遠い部屋から聞きながら年越しした悲しいヲバヲタは私です。 ここ数年、人が沢山居る所に行くとすぐ具合が悪くなる。。。。年はトリタクネー。 私の2017年はまさしくヲタに始まりヲタに終わった年でした。 かつてないぐらいのヲタ活動を活発にこなした1年。リア友を大切にしなくてはいけないのにネットでの繋がりのヲタ友さん達とのお付き合いが俄然楽しくなりこの年齢で引きこもりと化した危険な人になってしまってる私。 数えきれないぐらいのコンサートに行きました。1つ1つが大切な思い出です。レポに残すことなく心にしまってあるものもあるし、書いてる途中で放置状態のもあり 笑 コンサートを通じ仲良くなった方々、レポを通じてまた新たに仲間が増えたりして楽しみの幅が広がりました。 2017年はやたらとK-popの方々がアメリカに来てくださいました(何様)。私の長年応援してるMIYAVIさんも久々にワールドツアーをしてくれたので近場で行ける3か所のライブにも参加し、夏には念願のLeadの15周年ライブに参加するために12年ぶりに日本へ行きました。
わずか5日間だけの日本滞在でしたが、一生忘れられない思い出になりました。締めにはなんとカナダまで行ってしまうほど頭のおかしい人になってしまいました。 では、自分の記録として去年一年間参加したコンサートの感想を書いていきたいと思います。(超絶自己満足) 1月にはGot7、2月にはB1A4が来てくれたけど都合がつかずに行けませんでしたっていうか行かなかった。ガッセはジニョンさんが好きなのですがあの方はババファンがお嫌いらしくボード持ってる私が明らかに視界に入ってもことごとく無視され続けた前例があるのでわざわざお金払って何度も悲しい思いなどしたくないのでスルー。 3月には長年の夢だったSHINeeの単独コンサートに行きました。発表されてからの数か月間、過去のコンサートDVDを見返したりFacebookのファンページで情報交換したり、日本人のシャヲルさん達との交流をしたりグッズ事前予約をしたり、、自分の中でとてもとても盛り上がっていたのを覚えています。ブログにも何度も書いていました。 いざツアーが始まってからは北米各地のコンサートを会場からPeriscopeのアプリを使ってシャヲルちゃんがストリームしてくれるのを何度も聞いたり、当日まで心の底から楽しみにしていました。 数日前も、当日もとにかく楽しくて。今でも鮮明にその日の事を思い出せます。何としてでも記憶に残したいと渾身のレポを完成させたのも記憶に新しい。このコンサートに行けたお陰で益々SHINeeが好きになり、以来ずーっと彼らの全てを追っていた気がします。
このコンサートは文字通り、私が参加した最初で最後の完全体としての彼らの単独コンサートとなりました。とても素敵な思い出をくれたSHINeeに有難うと言える日がまたいつか来たらいいな。。。。 4月は2日間連続で防弾少年団いけね、BTSのコンサートに行きました。家の近くの会場なので助かったのと、とにかくチケット争奪戦が凄すぎた事が強烈な記憶として残っています。グッズも連日完売(アメリカでは非常に珍しい事)し、残っているのはアミボムしか無かった。 立見席でのお嬢ちゃん達の戦いもそれはそれは凄いものでした。日本からいらしてたアーミーの方に別会場でライト購入お願いするという何とも無礼なお願いをした私ですが、その方が快く承諾してくれたので本当に有難かった...その節は(人''▽`)ありがとう☆
その方のお友達ともお話しする事が出来、本当に色々と楽しい事が聞けてとても良い時間をコンサート前に過ごせました。お二人とも本当に有難うございました。 コンサートはとてもまとまりが良くて色んな面でクオリティの高さを見せつけられた気がしました。ボードに双眼鏡と、変質者ババヲタ通常運転でしたが1日目はことごとくジミンちゃんにスルーされ(多分彼もババヲタ嫌い 笑) 撃沈しておりましたが 2日目は亡霊のごとく先日と同じセクションにいるババヲタが色んな意味で気になるのか、メンバー数人の方に見て貰えました(妄想)。ですがジミンちゃんは亡霊ババアに恐れをなしたのか、決して直接見る事はせず歩きながら大股で去り際じーっとこっちを見、そしてもう一度離れた場所でこちらを確認する、という厳重警戒態勢をとられておりました。  そんな怖がらなくてもいいじゃねーか。 ババヲタは会場に行くのも大分勇気がいるのだから頼むから少しだけでいいから優しい気持ちで接してやってくれ頼むよジミンちゃん。ナムジュンさんのスピーチに心が温かくなり、それぞれのメンバーも本当に会場のお客さんと一緒に楽しんでいましたね。これ以前のUSツアーが訴訟問題に発展する程の酷い現地主催者に当たってしまい、大騒ぎだった事を考えるとこの時のツアーはとてもしっかりした体制がとられていたので一ファンとして私としても本当に参加出来て嬉しいものとなりました。
ダメだ。。。。。何をどうしても入学式のオバちゃんの薄桃色スーツにしか見えん。。。(笑)なんでパール散りばめるの、頼むからやめてくれ  そしてこの5日後にはMIYAVIさんのツアーが。間髪入れず立て続けに皆さん来るので嫌がらせかと思いましたがまさかスルー出来るわけ無いので当然のごとく1日置きで3日ライブ (笑)

今回は3会場ともMeet&Greetに当選したので浮かれまくって幽体離脱状態の1週間でした。しつこく書いたので今更書くこともございません。レポ読みたい方は過去ログを読んで下さいませ。 今回はスタッフさんに厳しく接するMIYAVIさんを間近で見てしまったのでオロオロしながらも、「そういうのは裏でやって下さいよMIYAVIさん怖いよぅ。。。言い方キツイよぅ。。」と彼の社長としての日常を垣間見てしまった気がしてなんとも説明の仕様が難しい貴重な経験を致しました。 まだこの時点で4月....えーっと、②に続きます←怪しい ※画像お借りしてるものもありますn

n

n

[広告] 楽天市場

n

    nn

  • DAICHI MIURA LIVE 2012「D.M.」in BUDOKAN [通常版] / 三浦大知
  • n

  • CD/Keep It Goin' On (CD+DVD)/三浦大知/AVCD-16060
  • n

  • 三浦大知/Cry & Fight 【CD】
  • n

  • 【送料無料】DAICHI MIURA LIVE TOUR 2010〜GRAVITY〜/三浦大知[DVD]【返品種別A】
  • n

  • 黒沢薫/Supernova duet with 三浦大知 【CD】
  • n

  • 【送料無料】 三浦大知 / HIT (+Blu-ray / スマプラ対応) 【CD】
  • nn

n

n

n

関連記事