この過呼吸がすごい!!

過呼吸
Pocket

過呼吸が新しい体験を提供してくれそうだ

現在のことと過去のことが混在してすみません。過去のことに戻ります。
追い込まれた私は、前にも書きましたが、適応障害になりました。
涙が出る、手足が震える、過呼吸…。家事も億劫になり、今まで普通にできていたことができなくなる。かろうじて意地で仕事は休まず行ってましたが、みんなが敵に見えて、心を閉ざしていました。ぼぼ引きこもり。
家でもいつも泣いて怒って…。
そんな私を変えてくれるある出来事がありました。

過呼吸がお取り寄せクチコミで大好評!

突然ですが、タイトル通りわたくしパン吉は現在体調不良に悩まされております
体調不良のスタートは約1ヶ月前↑体調不良と言っても、微熱・くしゃみ・鼻水だったので、これはただの風邪だったと思います。風邪はすぐ落ち着きましたが、再び風邪到来。↑今度は上記症状に加え、頭痛で悩まされるように風邪をひいたまま、帰省することに

そして無事に実家についた日の夜ものすごく頭が痛くなり、そのうち頭が痺れてきました吐き気もひどく座っていられないっ「これは尋常じゃない」チビ助を夫に預けて、緊急病院を受診しました病院では、手まで痺れて倒れるお騒がせぶり

診断名は、
過呼吸
肩こりから来る頭痛
でした。当直の先生からは、
「ちゃんと寝てる?お子さん小さいの?体が疲れてるみたいだから【筋肉をほぐす筋肉注射】して、【痛み止め】を処方しておきます。」
と説明され、診察終了

翌日も体調は悪く、最悪のコンディションでチビ助の誕生日を迎えましたバースデーケーキを用意したかったけど、具合が悪過ぎてそれどころではなく、豆腐にろうそくを突っ込んだら、豆腐が崩壊して誕生日ディナーは終了↑ごめん、チビ助
今回の帰省の目的は、友人の結婚式の参列スピーチも頼まれていたし、このままじゃまずいと再度婦人科&内科を受診しましたネットで症状を検索したら、(頭痛、吐き気、尿意、喉が乾く、手に汗を掻く、食欲不振など)【自律神経失調症】の症状と似ており、【産後うつ】が今更来たのか?と疑いました。

先生の話をマルッとまとめると、
吐き気は頭痛からくるもの。
頭痛は筋肉の緊張から来るもの。
喉の渇きは、体が弱ってる時に無理に頑張ろうとすると無意識に水分を欲する。
水分を過剰に取ると手に汗を掻く。

子供はいつ生まれたのか、この1年大変だったのか、近くに頼れる人はいるか等、診察というよりカウンセリングでした
この1年、確かに大変でした入院時は、毎日のお見舞い&夜中も搾乳でヘトヘト退院後は、心拍とサチュレーションのモニターから警報が鳴るたびビクビクしました。(チビ助は心拍、サチュレーション共に落とすことはありませんでしたが、寝返りを打ってモニターがずれたり、カニューラと言うお鼻に付けるチューブが絡まったりすると警報音が鳴りました。モニターはたまに付ければ良いよと主治医に言われて退院したけど、退院当初は心配で寝る時は必ずつけてました。)夫が夜勤のある仕事なので、深夜に体調を崩すことがあれば1人で何とかしなきゃと言うプレッシャーもありました。
最近はモニターを付けるのもやめて、やっと安心して過ごせるようになったところでした。

そしてここ最近は2つの強い思いがありました。一つは、チビ助のお誕生日を夫のご両親と過ごせないことへの申し訳なさ今回友人の結婚式の参列があったため、どうしてもお誕生日にチビ助と会わせてあげることが出来なくて、初孫なのに申し訳ないなとずっと思ってました。夫は、「帰省から戻ってみんなでお祝いすれば良いよ。気にしないで。」と言ってくれて、これは割り切ることにしました。遅れる分、楽しいバースデーパーティーにしようと検討中です

そしてもう一つ。里帰り出産が出来なかったこと高校卒業して実家を離れた私ができる最大の親孝行は、里帰り出産して両親と久々に暮らすことだとずっと思ってました。私の両親は結婚当初から孫ができることを心待ちにし、6年経って諦めかけてました。そこに突然の良い知らせがあり、喜んだ2人は和室の畳を20年以上ぶりに張り替えました。「チビ助を新しい畳の上に寝かせてあげたい!」 そう思ったそうです
それなのにこんなことになり、両親にはずっと申し訳なく思っていました。なのでチビ助が落ち着いたら、しばらく実家に帰らせて欲しいと夫に以前からお願いしており、夫も快く行ってきなよと言ってくれました。(そして夫まで1週間の有休をとり付いてくることに、笑)
空港で両親が待っている姿を見たら、
「やっと親孝行が出来た」ホッとして涙が出そうになりました。

・・・そして、数時間後にわたくしパン吉はぶっ倒れ、親孝行どころか心配をかけまくる人騒がせな親不孝娘に転落しました
ドクターからのお話

あなたは自律神経失調症ではありません。
※自律神経失調症の場合、喋っていても受け答えがおかしくなったり、目をつぶって両腕を伸ばすとどちらかが下がってきたり、食べてるものが口からこぼれたりするそうです。

あなたが今すべきなのは、ちゃんと寝ること人に任せること。自分が好きなことをすることです。体から無理して頑張りすぎてるよーって合図が出ています。
人間って真面目で、普通にしてると頑張っちゃうんです。だから意識して頑張らないようにしてくださいね。

体と心の強さに自信があったのになぁ(笑)
私のブログを読んでくださっている方は、育児に頑張ってるママさんだったり、妊娠&出産で大変な思いをされている(もしくは経験がある)方だったりするのかなと想像しています。事情は違えど、みんなストレスと日々戦って頑張っているんだと思います。
そんな皆さんに、声を大にして言いたい
周りの人にだけではなく、自分に優しく
頑張りすぎないでくださいね!
最後に友達からの言葉を紹介。
「少しママを忘れて娘になるのだ!」
「繰り返します
パン吉は、大分では娘、子どもなのです。実家では甘えるべし」
母にこの話をしたら、「これ以上娘に戻る方法なんてあるの」と、真新しい畳の上でスヤスヤ眠るチビ助を見ながら嫌味を言われましたパン吉&チビ助の大分ライフはまだまだ続きます。

関連記事