アルファギークもびっくり 驚愕の過呼吸

過呼吸
Pocket

過呼吸 自分の夢に、嘘はつけない。

わんばんこ。
相変わらず朝はうっすら頭が痛いし、瞼は腫れまくっております。
そんな自分の顔にはすっかり慣れました。笑っ朝は保冷剤で目を冷やしてます。日課じゃ。
もう明日は涙出ないのでは?と思うほど毎回、泣いて泣いて泣いて。途中、過呼吸寸前ってか?
舞台「ひみつ」は今日もマチネのみ。沢山のご来場、ありがとうございました。

そして今日も終演後はキネコ国際映画祭へ。

今夜の上映は「ウェンディと白い馬」ドイツの作品85分でした。
馬と少女、傷ついた者同士がはぐくむ友情物語。もう最高に素敵な映画でした。私はウェンディ役をライブで吹き替えながら、ぐんぐん癒されていきました。ご覧の皆さんもきっと温まったはず。

ドイツから主演のウェンディ役ユーリちゃん(真ん中)とダグマー監督(左)も来日しています。

ユーリちゃん、13歳だって。
私の歳は伝えなかったけど?笑っ知ったらきっと腰抜かすぜ!だって60歳の人が、13歳の少女の声を演じるなんてね。
あ、映画製作中は12歳か。
キネコ国際映画祭は6日まで二子玉川で開催しています。6日のクロージングセレモニーにも駆けつけます。「テディとアニー」とあともう一つ何か短編をやろうかと思ってます。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

いさなみすやお。

過呼吸 風邪は社会の迷惑です。

ハートセラピスト☆聖子です。
スイスのホテルには、デスクやベッドにウェルカムチョコレートが置かれていて、チョコレート好きにはたまりません♪

開くとこんな感じ。何だか天使ちゃんのようでかわいい(*^^*)

…と、余談を交えつつ、後半に参ります。前回の続きです。

道を間違え、焦った私でしたが、テキトーに歩いていたら、見覚えのある場所に出て、どうにかホテルへ帰る事が出来ました(;^_^A
腹ごしらえする余裕はなく、買ってきたコーヒーだけ飲んで、SNSの無料通話にアクセスして、セッション開始です。
回線は繋がったのですけれど、何やらクライアント様の様子がおかしい…。
呼吸が荒く乱れ、泣き声で「涙が止まらなくて、苦しいんです」と、やっと声を振り絞っている感じ。
これはただ事ではありません!でも、私が動揺すれば、クライアント様はもっと心細いでしょう。
一瞬、目を閉じて、創造主と守護天使にサポートを頼みつつ、「大丈夫。自分とクライアント様を信じよう」と意を決しました。
「大丈夫、大丈夫。ちょっと深呼吸しましょうか。息を吸って~、フーッとはいて~、もう1回吸って~、フーッとはいて~」
よくドラマとかで、過呼吸の対応に深呼吸をしてもらうシーンがあるけれど、本当に、見事に落ち着かれました。
それからは、サロンへいらしてから今日までの経緯を伺い、気になったポイントから深く掘り下げていきました。
好きな人に関するご相談でしたが、たどり着いた先は親子関係の問題。
子供の頃、やってみたい習い事があったのに、厳しいご両親から猛反対されて諦めた。
そのご経験による思考が、好きな人からのパワハラ&モラハラに抗えずにいる今の状況を生み出していたのです。
「やりたいことがあっても反対されて諦めたご経験から、いつの間にか諦め癖がついて、周りの人に従うのが当たり前みたいな生き方が身に付いてしまったのですね。
でも、本来のあなたは違うでしょう?今よりもっともっと活発で、堂々と自分の意見を言える人だったよね?
その頃の輝きを取り戻しませんか?」
問題となっていた思考をチェンジして、そこからはダウンロードのシャワーです(^_^)
・誰にも邪魔されず自分の意思を貫くとはどういう感じがするものか
・真の自由とはどういうものか
等々、不思議なくらい次から次へと言葉が口をついて出てきます。
気がつくと、教会の鐘の音が厳(おごそ)かに鳴り響いていました。
大勢の天使たちがガッチリとサポートしてくれていたのですね。
ダウンロード後のクライアント様は、さっきまでとは別人のように、しっかりとした口調になって、冷静さを取り戻されました。
そして、セッション終了後、インターネットが使えなくなりました(^^;セッション中は天使さんたちが頑張って繋いでくれてたのかな…。
このセッションによって私も沢山の事を学ばせていただきました。
あらためて、自分が癒すのではなく、創造主とともにいて、パイプ役になるという感覚をわからせていただいたように思います。
本当に貴重な、忘れられない体験でした。クライアント様と創造主に感謝します。

↑ゲットしておいた夕食。
5月のスイスはいつまでも明るいけれど、
気がつけばすっかり暗くなって、お腹もすき、夕食のパンにかぶりついた私でした(^_^ゞ
今は休養中で難しいですが、復帰したら、遠隔セッションも積極的にやっていきたいと考えています。
復帰した際には、ぜひ、よろしくお願いいたしますね(^_^)

関連記事