愛は地球を救う?過呼吸はあなたを救うよ♪

過呼吸
Pocket

独身最後の親孝行は、過呼吸なのです。

んー。書くべきなのか迷いましたが。なんとなく家族がそれぞれ落ち着いてきた今になって自分自身の体調が怪しいのですよね。先日のこと。夜寝る前に歯みがきをし終えさて寝るかと思ったとたん口呼吸しようとするとのどに蓋がされてしまったようになり鼻からならいけるかと思ったのだけれどやはりのどの奥が塞がって呼吸ができず。あー死んじゃうかも…って思った。ゆっくりゆっくり水を飲んだらやっと落ち着いたのだけれどそれからはなんとなくまたなるんじゃないかって常に呼吸を意識してしまい。今日も昼間にお蕎麦を食べている途中吸い込む息を意識し過ぎてまたまた呼吸が苦しくなり息吸えないわ胸の当たりがぎゅーっと痛くなるわであーやっぱり死んじゃうかも…でも第一発見者が帰宅後の三男じゃ可哀想だ…死んじゃダメだ…って必死にキッチンまで歩いて水飲んでました。
で。なんとも便利なネット検索。過呼吸ってこういうことなのかしら。文字で読むだけだとよくわからない。頻繁になるようだったらお医者さんに相談してみよう。もうね。今から1秒後に死んでも全然構わないのよ。常にそう思ってる。私が死んでもパパがいるし子供達はきっと大丈夫。でも三男が第一発見者はダメだ。んー。ダメだ。

過呼吸激安アウトレット広場

私の身体は、酷使しました。毎日が、へとへとでした。段々と過呼吸発作が、増えました。1日に、8回9回何て毎日です。イライラモヤモヤし始めました。いつの間にか自傷行為を毎日企てる様に為ったのです。発作起こす度々に、娘をリハビリに預けるのです。私は、空室で休みました。然し家庭では、強く為らない理由には、いきませんでした。結局は、空き室で嗚咽するのです。主治医は、お母さんは、1人奮闘して、居るからな?精神的に来すんだな!影では、言われたそうです。何百と脳性麻痺を診て居ます!私の頑張りは、指3本に入ったそうです。其の為に、主治医の希望的観測は、上回りハードルが高いのです。全てclearして、居ます。欲が、欲を生じたと、後に証されました!途中から、鬱病に為りました。小児精神科と脳神経に強い医師でした。私の鬱病を診て下さいました!然し発作は、激しく為りました。又自殺企図を企てる様に為ったのです。其れから、大学病院に行かされました。然し私の精神的に確りし過ぎる為に、耐えきれないだろうと、返信来たそうです。大学病院の紹介から、今の主治医に、変わりました。1ヶ月は、入院加療言われ、日赤に入院をしました。其の時の話は、以前に、綴りました。ご参照ください!鬱病を抱え乍、前回綴りました事を粉質ました。感情を抑制するのは、難儀するのです。其れでも、手抜かり無く粉質ました。精神破綻来たしました。一緒に鍋を食べ屈託無い話やTVから、話題を欲しいと、思いますが、私の庇い盾無く過ぎるのです。義父の虐めや義母の義兄の嫁と、差別化されます!私は、泣く事は、母としても、出来ないのです。何時も林を探索して、鮮やかなドレスを身にまとった木々を見たり、歩道ては、無く落ち葉の絨毯を歩きカサカサする音に、癒されました。落ち葉の上に仰向けに、為風のハーモニーを楽しみ木々の重なり合うのを見ては、激しく泣きました。嗚咽する場所でした。人っ子1人居ないひっそりして、居た此小路が好きでした!遠慮なく泣けたからです。風が悪戯して、落ち葉が涙を拭い取りました。木々の隙間から、冬空を眺めては、こんな幸せって有るんだね!風に煽られ、落ち葉の絨毯に寝そべり、風と葉と葉の子刷り合いを楽しむ、幸せを感じました!雑踏から、離れた場所でした。私丈の空間でした。小一時間して、帰宅して、何時もの日常生活です。鬱病から、思考停止。動作鈍麻!知的には、小学生低学年です。と言われました。Eには、伝えた事有りませんでした。無味無臭の世界です。食卓を騒がす事有りませんでした。話嫌うEの元子等は、話は、無くなりました。私は、自傷行為を繰り返しました。段々家族が、解らなく為りました。私の見る世界観は、明らかに違います。呆然と考えた事は、家族団欒家庭でした。笑い声の絶えない屈託無い事から、笑い声が、挙がる影帽子です。そんな状態でも、庇い盾無く過ぎるのです。私は、孤独でした。生きる意味すら、解らなく為りました。食卓何て無いわよね?もうお終いだわ!終わりに仕様か?自傷行為を企てる様に為りました。庇い盾や二人三脚の育児なら、学校との、交渉や教育予算案の出る前には、市教育委員会との予算案を申し立てしました。教育法が、娘の入学年度に、改正されたのです。支援学校か公立小学校を選択出来る様に為りました。然し初年度です。何にも整備された学校では、有りませんから。手摺や段差をflat!、スロープetc……全て私の行動から、作り出て貰いました。11月に次年度の予算案です。動きは夏休みでした。私の病気は、次々に出てきた状況の中1人奮闘するのです。市教育委員会は、顔パスでした。市税を我が子に、当てる大変さは、初年度が1番大変だとは、聴いて居ます。脳性麻痺の親と子の集いが、病院には、有ります!情報収集の場所でした。気怠さ秤でした。俺は知らん秤でした。Eには、失望や絶望しか有りません!我が子の為と、1人奮闘して、得た事は、子は大きく為りました。然し私のmentalは破滅的です。宛にして、為らない人でした。なら、私が遣るしか無いのです。私の得た事は、病気の悪化でした。既に心因性疼痛有ります!未だ未だ歩けました。日々拡散疼痛に、為りました。全くの自由を奪われる事に、為りました。然し断固たる態度から、俺は知らん秤を通して居ます。貰う事は、精神的DV身体的DV、性的DVでした。良妻賢母して、来た積もりです。認めるは、有りませんでした。最期は、座り込む事から、家事を粉質ました。全く自由が無くなりました。途端に、役立たずのレッテル貼られたのです。私の最期迄尽くしました。待ち受ける事は、虐待です。犬畜生より生活水準は、低く為りました。今では、食事は、半額以下の買い弁です。もうお終いだわ!終わりにしたい!良く思いました。下の子が、二十歳迄は、我慢する事に、しました!教えこみは、卒業かな?肩の荷が、やっと降りた!今はそう思いました!
Hisa

関連記事