過呼吸に明日は無い

過呼吸
Pocket

過呼吸は只今人気沸騰中、ビックリされるのがこのアイテム数の多さです

沢山のコメントありがとうございました優しさでいっぱいになりました。
これからの事。先の事は全然分かりませんがとにかく立ち止まりながらも少しずつ私らしく前へ進んでいきます。
パニック障害も治ったわけでは無いですが元旦那からされたDVや浮気や経済的DVは絶対消える事はなく忘れることなんか出来ませんが隠して隠して……吐き出せず過呼吸からパニック障害……長い時間はかかりますが
私は暗く落ち込む1日を過ごすなら
同じ1日を過ごすなら娘達と怒ったり笑ったり空さんに癒されて過ごしたいです時間が1日が勿体ないですよね!!

元旦那フラッシュバックには負けたくない

同じ苦しみをしている人や同じ苦しみを持っている人もきっといる。だからこれからは私の場合は……って書く時もあります。吐き出す事も大事ですよね
嫌な事!辛いこと!困難な時に大丈夫・大丈夫!!って思う気持ちが大切みたいです。大丈夫って私にとって魔法の言葉です

ただそれによってブログを読んで嫌な気持ちになってしまう方は………ごめんなさい。(?????)

家に帰ってきてホッとしてそんな事がとても嬉しい。☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

夕飯は……ってキッチンに入ったら娘一号に『動くんじゃねぇ~(*`ω´)ノ』ときったない言葉で一喝され……
ブログの娘一号の言葉遣いは精一杯の言葉遣いです(*≧艸≦)ププッ実際はこんな感じですからね
でもきったない言葉遣いが…いつもの我が家だな~と思いました………これぞ!!我が家です。
でもきったない言葉遣いはやめましょうね娘一号よ!!
(。・`Д・´)はぁ?お前もな!と娘一号に言われ
(。'-')(。,_,)ウンウン(。'-')(。,_,)ウンウン
お互い家から一歩でたらお言葉遣いにお気をつけましょ…言葉の前にただおを付ければいいと思っているおバカ親子です………
って感じに相変わらずです。そんな当たり前のふざけた時間も嬉しいです。

夕飯は娘達が作ってくれました。ただ頂いてあったほうれん草がしなびてしまいそうだったし娘達が野菜不足な感じがしまして
ほうれん草のクルミと胡麻和えを1品作りました。

娘二号がお菓子作りで残っていたクルミを砕いていれた胡麻和えです。
今回の胡麻和えの調味料※醤油 小さじ2※みりん 大さじ1※砂糖 小さじ 2と少し(我が家は甘いのが好き)※顆粒だし 少々※すりゴマ 大さじ5これがだいたいの我が家の胡麻和え調味料。※クルミ適当
娘二号がばくばく食べていました。

娘一号が就職決まった時にお祝いのコメントもありがとうございましたあとは…1番だいじな国試です

娘一号は相変わらず元気です

皆様温かく見守ってくれてありがとうございました。
娘二号はいつも通り写真拒否です

過呼吸 ナゾトキ×映画級

今回は初回に引き続き、自己紹介をかねて私の病歴をお話しさせて下さいm( _ _)m
重たい内容あるかもですが、よろしくお願いしますね
[国際結婚だった両親が、父側のDVにより、ゆなもろーる(以下ゆな)3歳時に離婚。その後、父は母国バングラデシュに強制送還。ゆなは、DVによりPTSDと人格障害を患った母から暴力を受けるようになった。このような不適切な養育環境が原因で児童相談所通所開始。同時に生活保護開始&母子寮入所。

ゆな小学校入学時に、一つ上の兄(愛着障害&ADHD障害)が養護施設へ入所。これをきっかけにゆなへの母の暴力はより集中するように。
ゆな小4時、一時的に復職した母の暴力がエスカレート=虐待が理由で児相介入。一時保護などを要した。このとき、入浴や食事もままならなかった。母は男癖も悪く、帰宅もかなり遅かった。これが原因で学校でもいじめられることもあったし、教師から体罰を受けることもあった。登校拒否し始める。
ゆな中1頃より不登校に。
ゆな中2時、幻覚や聴覚過敏、追跡妄想を訴えるように。
中3時、児相の紹介で大学病院精神科、医療保護入院。縊首(首絞め)やリストカット、過食嘔吐、抜毛、洗剤を飲用したりと衝動行為が頻発した為、以後2度の転院を繰り返し、計3年の閉鎖入院を経て退院に。
17歳になったゆなが自宅に帰宅すると、母はふた周りも年下の性犯罪歴のある若い男と同棲しており、その人物からゆなは性的な嫌がらせを受けることもあった。
説得の末、母とその交際相手は別れたが、精神的なショックは大きかった。この時、8針のリストカットをした。
2ヶ月後、ゆな3階から墜落(飛び降り)。計6箇所の骨折はしたが、若く治癒力もあり、1ヶ月半で退院できた。
が、その直後、私を心配して自宅に帰省してきた兄に、貯金全額を盗み取られる。抗精神薬、300錠OD。
それから半年、何かしなくては、とアルバイトを始めてはみたものの勤務中に過呼吸になった為、そこも1ヶ月で退職。
私はここで思い切って援交を始めた。お金と引き換えに、ODやカショオの毎日。頻繁に解離するようになった。
抑うつ状態で、大学病院精神科、2度目の医療保護入院。ここでは何とか半年で病院を退院する事ができた。自傷行為もほとんどしなかった。
退院後、ゆな19歳、いまの彼と出会い付き合うように。彼に連れられ、交際約半年で同棲開始。精神状態が安定するように。
ゆな20歳、就労移行支援所にてピアカウンセラーの資格勉強を始め、今に至る]「相手を本当に大切に思うのなら 自分を大切にするべき」
大事な人が出来て、初めてこの意味の深さが分かりました。

だいぶ長文にはなりましたが、これが私のある程度の病歴・経歴にはなります( ?????))

正直、辛く苦しい事の方が圧倒的に多かったです。でも、この経験を良かったとも思っています。1度は人生を投げるような経験をしたからこそ見えるものがあったりします?
辛い経験をしてる人は、いま辛い経験をしてる人と話が合いやすいです。私は、いま辛い経験をしてる人の話を聴くことで、その人の人生が前に開けてくることを切に願っています

関連記事