• ホーム
  • 過呼吸
  • 過呼吸は今女性に人気の高い(メーカー)ブランドですね、もう手に入らないレアモノもありますよ

過呼吸は今女性に人気の高い(メーカー)ブランドですね、もう手に入らないレアモノもありますよ

過呼吸
Pocket

Insight for the New Paradigm 未来のしくみを過呼吸でつくる。

13歳のときより雑誌『ニコラ』、続いて『Seventeen』の専属モデルとしてティーンの絶大な支持を獲得した西内まりや(23)。2014年に歌手デビューするや日本レコード大賞最優秀新人賞受賞。2017年1月クールではフジテレビの“月9”枠にて連ドラ『突然ですが、明日結婚します』に主演し、歌手・女優として華々しい道を歩んできた。しかし、同ドラマを最後に、表舞台から遠ざかっていた。
 インターネット上では“失踪説”も囁かれたが、実は10月初頭、所属事務所との間に大きなトラブルを起こしていたのだ。
「西内が、事務所内で社長を平手打ちしたのです」(事務所関係者)応接室から飛び出した西内は、「もう我慢できない!」などと大声で泣き叫んだ末、過呼吸のような状態に陥り、医者が呼ばれる騒ぎになったという。社長もまた、加療一カ月以上の怪我を負った。
 西内の突然の豹変を案ずるスタッフ。しかし、同月下旬、西内の代理人から届いたのは、契約を更新しない旨が書かれた通知書だった――。
 西内はこの一年ほど、不安定な体調に悩まされていた。『突然ですが~』の現場で撮影がストップすることもあった。事務所は新規の仕事を休止。夏に米国留学に送り出したが、その間、西内は次第に事務所への不信を募らせていったという。
「周囲に『ひどい事務所だ』と不満を漏らしていました。音楽活動の方向性に齟齬が生じていたことも、その一因だったようです」(西内の知人)
 西内の代理人は本誌の取材に対し、ビンタ事件について「事実はございません」、一方所属事務所ライジングプロの代理人は「紛れもない事実です(略)到底許されるものではありません」と回答。両者の主張は真っ向から対立している。
 詳細は11月16日(木)発売の「週刊文春」で報じている。(編集部)

過呼吸あしたのもと

こんにちは
いまさらながら先日の受診について

今現在、正直に言うと心身ともにギリギリのところで踏ん張っているというか…踏ん張りきれていないというか

ただただつらい…つらい
そうとしか言えない状態です。
家事すらまともにできず食欲は全く消えたかと思えば帰ってきて、空っぽの胃には良くないよなぁというものを欲するままに口にしては気持ち悪くなりダウンする外に出ることはもともとあまり好きではなく人混みも頭が痛くなるので苦手でしたがほんの一年前までは人と会うことは好きだし、当たり前に普段のお買い物をしたりボランティアに出かけたりできていたのが嘘のように出かける事に恐怖しか感じず不安で…
自宅の庭に出る事すら不安が少ない日にしかできず引きこもっている自分に腹が立って仕方ないし
強い風の音や外から聞こえてくる誰かの話し声や物音一つにわけがわからなくなるほど怖くなる

せめて子どもたちの前では笑顔でいたいと明るく振る舞うと呑気だなとパパに言われてまた自己嫌悪

パパが今、お仕事のストレスから周期的にやってくる「辞めたいモード」に入っていてストレスがものすごいことは私もわかっているし私が働けない状態では生活のためにパパはひたすら我慢して働くことになっていることに申し訳なくて仕方なくて
あからさまなため息や呆れ顔、不機嫌なパパのいる日は常に萎縮している自分にまた腹がたつ
冷静な自分はパパが辞めたいモードになることもよくあること自分のストレスを周囲にやつあたりする訳ではないけれど、あからさまにストレスで大変だとアピールしたり口に出して周囲にストレスな空気をふりまくのはいつものことだとわかっていて

ママの病気に悪影響な事ばかりをあえてしているように見えると子どもたちにすら呆れられるようなパパのお子ちゃまな部分は長い付き合いでわかっていても
毎月の受診に車を出すためにと付き添って?くれるのだから、本当にストレスでおかしくなりそうなら受診を一緒にしたら?とすすめると嫌味と怒りの感情を投げつけられるような反応しかなく

こういうことの積み重ねを繰り返すことは今の自分にはよくないし、病気にも悪影響でしかないことは伝えているしパニック障害という病を、ただの甘えだと考えているのかなぁと感じる言動を見せることもあるパパに
死にたい、消えたいそうわけがわからなくなって大混乱して感情を止められなくなった時に過呼吸状態になりながら伝えたこと娘はまだしも、私に必要な医療費がなければ…と言っているようにしか聞こえないことを日常的に言われているのは私の被害妄想ではなく子どもたちやばあちゃんが見ていてもそう聞こえているようで、気にしなくてもいいと言ってもらえても私自身が、働くことすらできず毎月毎月我が家には高額な医療費が必要な事に申し訳ないとずっと感じているので、パパの言動に腹がたつより苦しくてたまらないこと
パニック障害と診断されて一年が過ぎて改善するどころか今はまだ加速的に悪い方向に進んでいるように感じる事

パパが不機嫌ではない時には心配もしてくれるしばあちゃんもパパも、15年以上前に『世間体』が悪いと強いプレッシャーに負け受診をしていた心療内科での治療を中止してしまった後から子どもの頃に消えたはずの喘息が出てきて悪化したりしてきたことを考えても今は当時より大人になったこともあり、周囲からのプレッシャー(医療費うんぬん、家事すらまともにできず主婦失格、二人の子どもを病気にしたダメな母親というキツイダメ出し等や、心療内科を受診することへの偏見や素人からの的はずれなアドバイス)は無視してきちんと薬がなくても大丈夫な状態になるまでしっかり治していきたいと思っている自分もいるけれど
そこを申し訳ないと感じる事じたい、今の自分はやっぱりどこかが壊れていると感じる事
そういうことを簡単に先生に伝えました。
パパが早く治したいと思っての事なのは理解していても、日曜など人が多いのがわかっている場に慣らしていくことをなかば強いられる事が最近増えてきて気持ちが理解できるだけに嫌だとはいえないことは今回先生に相談することは私自身が口に出せず伝えられませんでした。
お話しを聞いていただき、家族も協力して理解してくれる人がちゃんといるのだからご自身でもわかっているようにきちんと治療を根気強く続けていきましょうと言われまた、予約を待たなくても辛い時には電話をかけて話を聞いていただいたり、診察予約を入れる事も可能だから遠慮なく頼ってくださいね
ということと決して選んではいけないことはしない約束をまたしました。
お薬は、自分の状態に合わせて増やしても良いもの、増やし方を教えていただき今はお薬を上手に利用して焦らないこと、無理しないことが大切だと再確認して診察は終わりました。

耳鳴り、ふらつきや胸痛、頭痛や微熱やらの諸々はやはりまだ今しばらくはお付き合いが必要かなぁ

という感じで、
食べられそうな時には一口でも食べることをしたりできることをしようと思いました。

関連記事