電撃復活! 過呼吸が完全リニューアル

過呼吸
Pocket

もっと過呼吸になる

今の今まで、ブログで私が精神疾患鬱病を患い、そして労災の申請をしていることは伏せてきました。
今日は、モルモン書も教会も何も関せず。私が働いてきた環境によって患ってしまった鬱病と労災の申請。本日、その申請が認定されたことを書き出していきたいと思います。
何度かに分けて書きたいと思います。調子が良い時と悪い時の落差が激しいので、ご理解のほどよろしくお願いします。
現在、精神疾患を抱えている方は日本で350万人を越すと言われています。厚生労働省は、この事態を重く受け止め自殺防止対策や職場環境でのメンタルヘルスケアなどかなり前から対策をしてきました。
しかし、改善されることは少なく電通のような過剰残業による自殺者が最近ではありました。少なくともそれは、大手の有名な会社で起きた事件であり、中小企業でもこの事態は悪化の一方であります。
鬱病=すぐ自殺という固定観念がありますが、決してそうでもなく、鬱病という精神疾患は誰にでもなる可能性があります。
その多くは、ストレスによるものです。それは仕事や家庭、環境によりそのストレスの受け方は様々です。それに、なりやすい体質という人がいます。それは、日本人にありがちな生真面目さ。これは日本人の逆に良いところでもあり、しかしその生真面目さがストレスを受けやすい状態を作り出してしまう事もあります。
私の場合で書いていきます。これから、申請される方や思い当たる節がある方に届く事を願って。
私は、現在休職中でそれは今年の2月から在籍しているが仕事は欠勤している状態です。職業は、ガソリンスタンド店員で主任でした。2015年5月に入社しました。実はこの会社には、以前にも務めていたこともあり、自分ではとてもやりがいのある仕事であり、そこで働くことに私は誇りを持っていました。なので、入社してすぐに特に新しく身に付ける必要のある教育もありませんでしたし、実際にも卒なく仕事はこなせていた方だと思います。
しかし、以前からも感じていたことではありましたが残業が異常に多いということです。労災の認定の基準となるハードルは時間外が月に100時間を超えている事ですが、私の務めた会社ではデータ上80時間は超えていませんが、私はスケジュール帳に毎日勤務した時間を記入して、持っていました。すると実際には、120時間近くの時間外をしていました。まずこの点においては、もし精神疾患を患っているならば労災の認定基準を満たしている事になります。しかし、データ上では80時間残りの40時間はサービス残業です。それを証明しているのは、一方的に私が提示したスケジュール帳のみです。もちろん会社にはそんな証拠は存在しませんし、あれば法令違反なので即改ざんしています。私の場合、現場を監督するという立場上休憩時間を取れないことが多くありました。休憩時間を取れなかった日も、スケジュール帳に書いてありました。
去年の丁度8月ごろです。私は、最近眠れないということを仕事の同僚に漏らしていました。そしてそれは、単に眠れないというだけではなく、身体に変化がありました。それは、止まらない鼻血でした。1日におそらく1リットル以上は流れたのではないかと思います。止血に使った紙はゴミ袋いっぱいになり、ゴミ袋にもたくさん血が付き私は軽い貧血になり動けなくなりました。
最初私は、ただ最近疲れが溜まっているだけだと思っていました。それに、人員不足が深刻でただ日々スタンドを回すことだけに集中して、売り上げも落とさずを考えていました。いつもより疲労感が高いというだけだと、感じていました。というのも、実際私は北海道士別市にある店舗の責任者で名寄市から通勤していました。そして、名寄市の店舗の責任者が手術が必要な病にかかり、私が代行として名寄市の店舗にシフトで入る事になりました。その間は1ヶ月間で8月です。しかし、士別市の店舗の売り上げも落とさないように気を払い休日返上で士別市の店舗に施設管理等をしに行きました。
人員不足が深刻であることは、どこの業界においても今は言えることと思います。繁盛期ですので、シフトに入る人達も普段よりは多くしたいところを逆に名寄市の責任者がいない、人が辞めて行く、そんな中でしたので1人あたりの仕事量が増え続けました。
当然、私への仕事量のしわ寄せは多くなり遂に寝ることが出来なくなり、疲労は抜けなくなりました。そして、正常な判断が出来ない状態が続き、イライラしたり、急に悲壮感に駆られたり、同僚に当たるようにもなっていました。
そんな中、名寄市の店舗の責任者が戻ってきた事により私は士別市の店舗へ戻る事になり、多少仕事量は減りましたが、もう自分の身体はその時に悲鳴をあげ鬱病になっていたのだと思います。
10月になり、私は相談をしました。というのは、もともと以前の働いていた環境で適応障害という軽い精神疾患を患っていました。しかし、私自身通院を続け、寛解したと思っていたのですが、どうやら違うということを当時の直属の上司へ相談しましたが、話を信じてもらえませんでした。再入社する際に、適応障害であることは伝えてあったのでここで私が鬱病なっていようが、会社の人員へのケアが十分でなかった事が言えます。
そして、11月。私は思い切り、また心療内科を受診する事にしました。するとドクターの答えは、前より酷い、鬱病という診断を下しました。私はその時に、診断書は貰いませんでした。直属の上司には一度相談して、相手にされなかったからです。ただし、薬を貰いますので十分自分が今どういう状況かわかると判断しました。毎日が苦痛でした。疲労が抜けない、寝られない、イライラする…ご飯も喉を通らなくなる。食べたら吐き出してしまう。過呼吸になる。
来たる12月。私は、責任者会議への出席のため本社へ行く事になりました。その時に思い切って、さらに上の上司へ相談をしようと思いました。ただし、その時には診断書は持って行かず、今服用している薬の表を貰っていたので、それを持って行きました。切実に語りかけました。人員不足が深刻過ぎて、仕事量が自分のキャパを越えている。身体に起きている変化。そして、薬の表の提示。そこまでの説明を終え、上司からの言葉に耳を疑いました。『結局どうして欲しいの?』言葉が詰まりました。だって、どうして欲しいのかも言っていて自分の病状まで伝えています。もう、全てがどうでもよくなりました。可愛がっていた後輩を虐めたり、車で暴走したり、自分なんか死ねばいいと思いました。
もうこの会社には、私を助けてくれる人はいないという事がわかりました。同僚やバイトは凄く心配
てくれます。とても嬉しかった。それだけが唯一、仕事場にいられる理由でした。
運命の1月。年明け、2週間ほど過ぎた時でしょうか。上司たちが店舗へやってきました。なぜにやってきたのか、それは私が行き過ぎた後輩への虐めが原因でした。その後輩を、私は精神的に追い込んでいたのです。私は、自分がされたことを後輩にしてしまったことに混乱してしまいました。私は、それはリアルに頭の中に描かれ自分が誰なのかわからなくなり、仕事場に行き、立つこともままならず、歩いていてもフラフラしていて、車に轢かれそうになったり。ついに、ようやく上司から病院へ行き診断書を貰ってきて欲しいと言われました。
精神的な疾患にかかると、正常な判断が出来なくなります。しかし、一緒にいた同僚やバイトは会社の対応が遅いことに憤りを感じていたようで、私に労災の申請することを勧めました。私は、実際精神疾患での労災の申請というのが理解出来ませんでした。労災って業務上での怪我とかだけだと思っていたのです。実際、労災の認定というのは怪我をしていればわかりやすいわけです。でも精神疾患なんて、業務上かなんて判断に困難を極めます。だって、ストレスなんて色々なところで発生して、原因が仕事だけとは限らないからです。しかし、厚生労働省によるところ精神疾患での労災認定というのは決して多くはないものの、確実に調査をし、証拠を集め、業務上によるものかを判断します。
先に書いたように、ある基準に沿って調査は行われます。まずは、時間外が100時間以上であったかということが前提にあります。これは、なんの基準なのかよくわかりませんが誰もが精神疾患になりやすい環境であったか?ということだそうです。他にも基準等ありますが、本日はここまでにしておきます。

過呼吸最強伝説

● 夫が不倫をやめる秘密の法則

こんにちは、ロゼール博美です。

旦那さまは、不倫にさよならして、あなたの元に帰ってきます。

あなただけが、また彼から愛されるたった一人の女性になれますよ。

彼は、今、寄り道をしているのです。でも最後に戻ってくるのは、奥様のあなたのところです。

夫婦の愛は、必ず、取り戻せますよ!
だんだんと、お2人の距離が縮まっていきます。

すると、もうそこには、他の誰かが入るすきまが、なくなるのですね。

いただいた感想をご紹介します。

最初の方は、旦那さまから大嫌いと言われ、3年半も無視されてきた奥さま。

このメールレッスンを読み始めて、10日ほどで旦那さまの心がもどってきたとご報告くださいました。

7通メールをいただきました。
【4月19日】

初めまして。今日偶然にロゼール博美さんのページに出会いました。

夫婦関係で悩みが深く苦しんでいます。どうぞ宜しくお願いします。

----------

【4月20日】

昨日、主人が帰宅したら最近何も話さなかったのに、機嫌よく会話をしてくれました。

久しぶりに夫婦らしい話が出来たように思います。

先生のメールを読ませて頂き、ずっと苦しんでいた心の傷が癒された気持ちです。

----------

【4月24日】

毎日先生のメールで、元気を取り戻しています。

男の人に大人と子供の二つの心を持っているという本当の意味を、結婚して30年も過ぎて初めて分かりました。

3年ほど前に夫から背を向けられずっと苦しんできました。

でも不思議な事にメールを頂いてから夫が昔のように話してくれるようになっています。有難うございます。

今まで相談した時はみな離婚に向けてのアドバイスでどうにもなりませんでした。

----------

【4月26日】

今朝は三年以上私を避けていたのに、これからはまた一緒に食事したり、ドライブしようとまで言ってくれました。びっくりしています。

教えて頂いたように幸せになるって決めて心で繰り返しています。

----------

【4月27日】

先生のメールが優しくて、心が少しずつ安らかになってきています。

本当に苦しくて辛くて子供がいなかったら、とうに我慢しきれなっかったと思います。

主人からの見下り半の言葉と、無視と私を大嫌いで、これから一人で生きられるように準備をしなさいと。

また、好きな女性がいたようで午前様が続きました。

よくわからない外泊もあり、毎日不安で怖い日々が過ぎていました。

起きていると過呼吸で、安定剤の服用で体は10キロ以上、一気に痩せました。

三年半の無視は心底きつかったです。

その状態が、先生のメールを読んで急展開しました。

誰にも相談できず、カウンセリングも幾度か受けましたが駄目で、死にたくなりました。

今回もう駄目だと、寝込んでいた矢先に先生のブログに出会いました。

----------

【4月28日】

主人の言動に一喜一憂する毎日でした。

それが先生のメールで自分にも至らなかった事、主人に寂し思いをさせた事等、思い当たる出来事がたくさん出てきました。

昨日あたりから笑顔を見せられるようになり、今朝は仕事に行く主人の頬にそっと手を置いて行ってらっしゃい。と送りました。

優しい顔で出かけて行きました。

----------

【4月29日】

先生の10日間のメールで私は救われました。

あんなに苦しかった心が日を追って安らかになっています。

それと同時に主人が私の傍にいて優しいのです。

だから美味しく食事も出来るようになりました。

重ねて私のメールを載せて頂いて本当に有難うございました。

これから先生のメルマガを楽しみにしながら、学んでいきたいと思います。

先生とのご縁に心より感謝しています。

 
博美さん、こんばんは。○○です。

10日間のメール、ありがとうございました!

伝えたい事がたくさんあるはずなのに、うまくまとめられず最終日を迎えてしまいました…寂しい…。

自分の気持ちを一言で言うならば、
「博美さんに救われました。」です。

主人が出て行ってから2ヶ月余り…しかも女の人もいたというダブルショックで、毎日苦しくて辛くて…

誰にも言えなくて1人で苦しみを抱えながら、毎日毎日色々な方のブログを読み漁っては、主人を信じよう、再構築するぞ、と誓うものの、不安が消える事はなく、不安定な気持ちのままでした。

そして、どの話も理解しようとしても心が追いつかないのです。

そんな時、博美さんのブログを見つけて読んだ瞬間、分かりやすく穏やかな口調で、優しさに包まれた文章だけが、私の心の中にスーッと入ってきたのです。

ですから10日間のメールレッスンは、誰にも言えなかった私の気持ちに寄り添って下さっていて、特に2日目の

「自分が今までやってきたことを認めてあげて下さいね。」

の言葉に、涙が止まりませんでした。

分かってくれる人がいるんだ、私は1人じゃないんだと本当に救われたのです。

これを機に、10日後の今では自分でも驚くほど嫉妬や苦しみが無くなり、穏やかな毎日を送れています。

本当に不思議です。

そして、主人に対しても感謝の気持ちを素直に伝えられるようになり、主人も出て行った直後とは態度や言葉にも、少しずつ変化が見られるようになりました。

何の根拠もありませんが、主人はきっと帰ってきてくれる、新婚の時のような、笑顔いっぱいの幸せな生活に戻れると信じています。

出口の見えない苦しみから抜け出せたのは博美さんのお陰です。

本当に、感謝してもしきれません。

これからも、ブログ楽しみにしています。本当に、ありがとうございました!

博美さんのレッスンで、すっかり自分は大丈夫、きっと夫婦で幸せになると思えるようになりました。

そう自然と思うようになった頃から、主人が色々悩みなども打ち明けてくれるようになり、不倫で悩んでたはずの私は、すっかり主人のお悩み相談人のようになってしまいました。

彼女の存在は消えました。

新たな問題(主人の悩み)は発生しましたが、必ず乗り越えられると、なぜか漠然と思っております!

何なのでしょうね?(笑)

博美さんの一言一言が体中に染み付いてしまったようです。

“大丈夫ですよー。”
“愛はそこにある。”

はい、本当にそうだと思います。

不倫って、悪いことばかりではないのですね!

博美さんのブログに出会えたこと。
自分を見つめ直せたこと。

必然的だったのかなと思ってます。

本当に有難うございました!これからもブログ楽しみにしています。

今日のメルマガ あまりにも 私の気持ちをついていて 涙がでました。

ほんとに 明らかに 愛人に会ってきたな。

背中を向けて寝られると寂しいな。

ほんとにほんとに昨日は、その両方で そんな時まで 笑顔で なんて

つらい……

会って帰って来た時って、 つらくなるような、寂しくなる事言うんです……

やっぱり、私とは無理かな……って、折れそうでした。

ほんとに 先生、ありがとうございます。

心が救われました。

決めるのですね。もう、念じます。

今日も1日 元気に過ごせそうです。

早く、夫に帰って来てほしいな と、思えました。

ありがとうございます。

「不倫は、繰り返されない。夫は、妻だけを愛する。」というフレーズでは、何度も涙がこみあげてきます。

主人の不倫はしかたがない、わたしはいたらないからそうされてもしかたがない、

というようなあきらめが固く固く、私にはあるように気づきました。

もしかしたら、思い込みを手放していいのかもしれない…新たな視点がうれしくて抱きしめています。

そしてこのフレーズは大切に胸に入れたい……

そう思って、目をつむり繰り返しつぶやいているところです。

ありがとうございます。

先生からのメルマガとblogが 今の私の気持ちをストレートについてくるので、ほんとにビックリしています。

今日も愛人と会っているであろう……

けど、そんな事は私には関係ない、私は、夫と仲良くして 前の様な関係に戻していくだけ。

と、思うようにして、怒りと嫉妬を追い払うようにしています。

怒りと嫉妬を 夫に向けると いつも後悔だらけで、自分の事が嫌いになっていましたから……

ほんとにめちゃくちゃで、夫を攻撃していました。

全て マイナス思考でしたが、やっと少しずつ ポジティブに考えられるようになり、私にも笑顔が戻ってきた。

と実感出来るようになりました。

先生のおかげです。

ありがとうございます。
夫婦の絆というのは、そう簡単にこわれるものでは、ありませんね。

不倫相手の女性から気持ちが離れる時は、必ずきます。

そして、不倫をしていても意味がないと思って、旦那さまは、終止符を打ちますよ。

彼が本当に戻ってきたいのは、あなたのところだけです。

このメルマガには、夫が不倫をやめるために、今日からでもできるヒントを書いています。

内容の一部を、ご紹介しますと
・夫のここをおさえると、勝ちです。
・○○を持てば、夫の不倫は終わります。
・夫の不倫の恋が終わって、あなたとの愛が始まる時。
・あなたの夫が変わる時。

・夫が妻の愛にきづくと、不倫は終わります。
・「男は不倫するもの」って思うのは、キケンです。
・夫から愛されるあなたでいるために。
・愛につつまれた不倫のない世界へ。
など、全部で10回の無料メルマガです。

旦那さまにとっては、なんといっても奥さんが一番なのです。

あなたのところに、心も体も、もどってきます。

温かくて、信じあえる夫婦になれますよ。

不倫でつらかった日々が、ウソのように思える時が、必ずやってきます。

このメルマガの差出人は、ロゼール博美になります。お友達からのメールと同じに見えるので、ご安心ください。

登録後、メールが届かない場合は、迷惑フォルダをご確認くださいませ。

もう、二度と心が離れることのない最高に幸せな2人になりましょうね。

メルマガのご登録は、こちらです。
不倫・復縁カウンセリング

・夫が不倫をやめる秘密の法則

・不倫の悩みを解決するカウンセリング

・お客様の声

・お問い合わせ

不倫、社内不倫、婚外恋愛、浮気、離婚、レス、復縁、別居、再構築、国際結婚、アメリカ人夫、などのお悩みをご相談ください。

スカイプ、電話、メールで対応しております。アメリカ・ポートランドにお住まいの方は、対面でもお受けしています。

関連記事